検索

Site search

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

カテゴリー

お酒について

2021年 6月 29日 火曜日

じめじめした梅雨が明けると、夏本番ですね!

暑くなってくると、ビールが美味しい時期になりますね。

今回は、『お酒』についてお伝えします。

 

昔から「酒は百薬の長」と言われており、適量であれば、うれしい効果があります♪

 

例えば、

・食欲が増進し血行が良くなる

・緊張がほぐれて、コミュニケーションが円滑になる

・ストレスを和らげリラックスさせてくれる など

 

このような嬉しい効果も 適量 を守ることが大切です。

 

【お酒の適量とは?】

では、お酒の適量とは、どのくらいでしょうか。

種類
ビール 中瓶1本/ロング缶1本(500ml)
日本酒 1合(180ml)
焼酎 2杯(120ml)
ワイン 2杯(180ml)
ウイスキー ダブル 1杯(60ml)

 

いかがですか?

少ないなぁと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

肝臓を労わるためにも適量を守ることが大切です。

アルコール度数の高いお酒は、

胃や肝臓への負担が大きいため、薄めて飲むようにしましょう。

 

【休肝日について】

肝臓を労わるために、休肝日が大切です。

毎日飲むという方は、週2、3日の休肝日を設けましょう!

 

しかし、毎日飲まれている方にとっては、ハードルが高く難しいと思います。

例えば、毎日飲んでいたけれども、水曜日は休肝日にしよう!など、

始められそうなことから、ぜひ行ってみましょう。

休肝日がストレスになってしまっては、

逆効果ですので、無理のないペースで始めてみましょう。

休肝日は、ノンアルコール飲料や炭酸水を上手に活用してみるのもおすすめです。

 

【お酒を飲む際におすすめな食べ物】

空腹の状態でお酒を飲むと、酔いの回りが早く、胃への負担がかかります。

お酒を飲む際に、おすすめな食べ物を紹介します。

 

・飲む前におすすめなもの

オクラ、山芋、納豆   ネバネバ成分が胃粘膜を保護してくれます。

牛乳やチーズ等の乳製品 胃壁に脂肪の膜を作り、アルコールの吸収が穏やかになります。

豆腐等の大豆製品    アルコール分解促進作用があります。

 

・食中におすすめなもの

イカ、タコ、貝類    タウリンが胆汁の分泌を高め、肝機能を強化してくれます。

海藻、きのこ、根菜類  食物繊維が豊富なため、アルコールの急な吸収を抑えます。

 

・食後におすすめなもの

柑橘類やトマト  果糖やビタミンCが、アルコールの分解を促進してくれます。

 

お酒を飲む際は、一緒におつまみを食べるようにしましょう。

 

 

お酒は、適量を守りつつ、おつまみも一緒に楽しみながら、上手に付き合いましょう!