メディカルコミュニケーター
薬剤師アカデミー

公式Facebook

検索

Site search

カレンダー

2023年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の投稿

カテゴリー

お料理のススメ

2023年 2月 10日 金曜日

毎日寒い日が続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

寒い日は1歩も外に出ない!という方も多いのではないかと思います。

私も、休日はおうちでぬくぬくと過ごすことが多いのですが                なんとなくモヤモヤする、気分転換できないかな~と感じることも増えてきました。

おうちでできる気分転換といえば                            音楽を聞く、掃除をする、模様替えをする、軽い運動をする、など              いろいろな方法があると思います。

自分にいちばん合う方法を探すうち、たどり着いたのは「料理」

私は決して器用ではなく、どちらかというと大雑把な性格ですが、             料理をすると頭の中が整理され、スッキリすることに気づきました。

野菜を切ったり色よく焼いたりと、調理に集中することで余計なことを考えずに済み      リラックスできているのだと感じます。

 

料理には様々なメリットがあることが分かっています。

●脳トレになる

「今日は何を作ろう?」「どんな食材がどのくらい必要?」               「どこに買い物に行けば効率的?」など、献立を立てる時点で頭を使います。

さらに、「お湯を沸かしている間に野菜を切っておこう」                「お肉の調理をする前に、生野菜サラダを作ったほうが良いな」など          調理工程の組み立てにも頭を使います。

 

●五感が刺激される

料理により味覚はもちろん、嗅覚や触覚などの感覚が刺激されます。

食材を包丁で切ったりトングで盛り付けたりと手を動かすため、           身体が不自由な方のリハビリに、料理が取り入れられるケースも        あります。                                小さなお子さんにとっては、五感が刺激されることで表現力や想像力が 豊かになることが期待できます。

 

●達成感を味わえる

料理をすることで美味しいものが食べられる♪というご褒美を得られます。        また「1つの料理を自分の力で完成させた!」と達成感も得られます。               これらが脳の刺激となってポジティブな感情に繋がります。                           (先日、給食で食べた懐かしのカレーを再現でき、興奮しました。笑)

 

最近我が家では、食材を家まで届けてくれるサービスを使い始め、              仕事帰りにスーパーに寄る必要が無くなったことも、料理のハードルを下げてくれました。

料理をするようになってから食器にも興味が沸いてきて                  生活の質がグッと上がった気がしています。

気分転換方法にお悩みの方は                              一度お料理にトライしてみてはいかがでしょうか。